スポーツ障害について

こんなことでお悩みの方はいませんか?

  • スポーツによる怪我で困っている方
  • 早く復帰できるように治してほしい
  • 怪我の予防や運動後のケアをしてほしい方
img_sports-_injuries01

なぜこのようなことが起こるの?

スポーツ障害での痛みの原因となるのは筋肉や腱・靭帯などの軟部組織です。

多くのスポーツ障害の原因である、筋肉や腱・靭帯などの軟部組織はレントゲンに写りません。

レントゲンに写らないものですから、丁寧に筋肉に触って、徒手検査をして痛めた筋肉、腱・靭帯を特定し、治療をしていきます。

身体を動かすのには、大きな筋肉と細かな筋肉が連動して動いてスムーズな動きが行われます。

しかし、身体の奥にある細かな筋肉(インナーマッスル)に疲れが溜まり、筋肉の弾力性が失われてくると、細かな筋肉の動きが悪くなります。

対策方法

細かな筋肉の動きが悪くなると、スポーツでは、肩や肘、腰や股関節、ひざの故障につながっていきます。

ケガによる腫れは、内出血、組織液の滲出などの炎症反応です。これらを早期に、最小限に、抑えることが治療のポイントであり、ケガの予後を大きく左右します。放置すると、周辺の筋肉や関節まで蔓延し、スポーツ活動の復帰にも大幅に影響します。

川床本院ご予約・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:30~12:00、14:30〜20:00
定休日:日祝日、土曜日午後