産後の骨盤矯正について

こんなことでお悩みの方はいませんか?

  • 出産後に肩・腰・背中・股関節・膝などに痛みを感じる
  • 出産後体重がなかなか戻りにくい
  • 妊娠前のズボン、パンツが入らなくなった
  • 立っているときに片方に体重が偏っている気がする
  • 勧められたベルトを使ってもなかなか治らない
  • ダイエットして出産前の体に戻ったが、大きくなった骨盤が中々元に戻りにくい
img_postpartum_pelvic_correction01

なぜこのようなことが起こるの?

なぜ骨盤が歪むの?

出産後は、ホルモンが作用し必ず骨盤が開くようになります。産後の骨盤は、出産時に骨盤の関節(仙腸関節)や恥骨の間が広がるためです。これは、赤ちゃんが通る産道を広げるために起こります。

自然の力でもある程度元に戻りますが、出産前の状態には戻りにくく、腰痛やお尻が大きくなってしまうことも体験されている方が多くいらっしゃいます。

運動ができる時間がない人などは、腰を支えているインナーマッスルや下半身の筋肉が弱くなります。

なぜ産後に骨盤矯正をした方がいいの?

骨盤がゆるんだ状態で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳や沐浴で不自然な体勢になることでどんどん骨盤が歪んでいくでしょう。

歪んだ骨盤をそのままにしていると、3年・5年・10年・・・と時間が経つにつれ症状が出た時にひどくなりやすくなります。

産後の骨盤をしっかりケアしないと、骨盤がゆがんでしまい、首・肩こり・腰痛、むくみ、冷え性、代謝が悪くなり出産後に太ってしまったり、O脚になってしまったりと、体型が崩れる原因ともなります。

骨盤がゆがんでしまうと、正常な位置にあった内臓も下がってしまいます。

そうすると、下腹がポッコリと出てしまったり、代謝が悪いことでお尻が大きくなります。

また、骨盤のゆがみのバランスをとるために背骨も曲がって猫背になってしまいます。

腰のバランスを背骨がとり、不自然な背骨のバランスが腰にも負担をかけ悪循環に入ります。

出産してからどれくらいで矯正をした方がいいの?

産後いつから骨盤矯正を行うのが良いかというと、ホルモンで骨盤が緩んでいる産後2カ月が理想的です。

矯正は痛いの?

矯正自体もストレッチの様に行い、バキバキ・ボキボキする施術ではないので、痛みはありません。

一回で治るの?

骨盤矯正をしても、日常の体の使い方の癖や、筋肉や靱帯が緩んでいる影響で再び歪むことがあります。

定期的に矯正を行い、正しい状態に戻していきます。

せっかくした矯正がすぐに元に戻ったりしないように、普段の生活で気を付けて頂く事がございますので併せてお伝えします。

また、ホームケアなど自分でできることなどをアドバイスいたします。

更に骨盤矯正ベルトや、補正下着も取り扱っておりますので、トータルでサポートいたします!

対策方法

日常生活をお聞きして骨盤に負荷がかかるタイミングを調査します。

その上で皆さまの私生活に合わせた矯正や運動をお教え致します。

根本から改善することにより、体型や体調が悪くなるのを未然に防いでいきます。

川床本院ご予約・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:30~12:00、14:30〜20:00
定休日:日祝日、土曜日午後